株におけるリスク管理とは?

目安時間:約 8分

こんにちは、リアンです。

今回は株式投資で資金運営していくうえでとても大事な

「リスク管理」のお話をしたいと思います。

 

 

株式投資で利益を上げていくには、

このリスク管理が必要不可欠であり、資産を守る重要な術でもあります。

少し難しいお話になってしまいますが、しっかりついてきてください。

 

そもそもリスクの意味とは?

リスク管理の方法を知るその前に、

まず「リスク」という言葉をご存知でしょうか?

 

 

「知ってるよそんなの!」という方が大半だと思いますが、

実はあなたが日常生活の中で使われている「リスク」と、

株式など投資の世界で使われる「リスク」は意味が違うことをご存知でしょうか?

 

 

あなたが使っている「リスク」は

失敗したり、思い通りにいかない確率」を指しています。

「大学卒業した後、就職と起業では、起業のほうが失敗するリスクが高い。」

という使い方を皆さんはすると思います。

 

 

つまり、ただ単に「損失」を指して言ってるわけです。

 

 

しかし、こういった投資の世界で使われる「リスク」は

結果の不確実性」を指して用いられます。

「利益」も「損失」も込みで考えるのが、投資における「リスク」なのです

 

リスクの高さ=変動幅が大きい

さらに、投資の世界でいう「リスクが高い」というのは

「変動幅が大きい」という意味になります。

 

 

つまり、「大きな損失を出す可能性も高いが、

成功する確率も同じくらいある」ということです。

 

 

逆もしかり、「リスクが低い」=「変動幅が小さい」ので、

「失敗する確率は低いが、成功する確率もあまりない」という意味になります。

 

 

例えば、好きな人に告白したとしましょう。

付き合える確率は「付き合える」か「付き合えない」の二択、

つまり、五分五分というわけです。

この場合は「リスクが高い」といえます。

 

 

別のたとえを出すと、

高層ビルの屋上から飛び降りてケガする確率はほぼ100%です。

これは「不確実性がほぼ0」(=「確実にケガする」)なので、

「リスクはない」といえるわけです。

 

こうやって見ると、投資の世界では「ローリスク・ローリターン」か

「ハイリスク・ハイリターン」が基本といえます。

つまり、「ノーリスク・ハイリターン」な金融商品は基本存在せず、

詐欺師やネット上の「確実にすごく儲かる投資の話」は基本怪しいということです。

 

リスク管理の正しい意味は?

投資における「リスク」の意味は理解できましたでしょうか?

 

 

「リスク」とは、日常生活で使われる「失敗する確率」ではなく、

投資の世界では「利益」も「損失」も含めるのが

「リスク」と定義されることは先ほどお話ししたとおりです。

 

 

そして、今あなたがリスクの本当の意味を理解できたなら、

「リスク管理」の本当の意味も理解できるのではないでしょうか?

 

 

そう、投資の世界における「リスクコントロール」とは、

利益と損失をどのように管理するか」です。

 

 

間違っても「損失をゼロにする方法ではないのです。

 

 

では、その管理方法はどうすればいいのでしょう?

 

 

もちろん、

テクニカル分析やファンダメンタル分析を勉強するために、

一般書籍やインターネットの記事を読んだり、

 

 

過去どうやって、自分が利益を出せたのかを振り返ることも、

立派なリスクコントロールの領域です。

 

 

これをすることによって、利益を出す確率を増やし、

損失が出る確率を少なくすることができます。

 

 

しかし、それだけでは不十分です。

なぜなら、どれほど研究しようと、勝率は100%にはならないので、

必ずどこかで損失が出ます。

 

 

となれば、利益をコツコツ積み上げても一回の損失ですべて失ってしまう、

なんてことになりかねない可能性もあるわけです。

 

 

では、そんな事態を防ぐにはどうしたらいいでしょうか?

それが「損失を小さくする」ことです。

 

利益と損失の金額をコントロールする

実は一流の投資家や稼げている人は

この「損失を小さくする」ことが非常に上手な方たちです。

 

 

利益の金額を大きく、損失の金額を小さくして、最終的に利益が残るようにする。

これが「投資で儲ける」ということの真髄なのです。

これが今回、この記事で覚えてもらいたい一番重要な事項です。

 

 

では、どうやってコントロールしていくのか?

色々方法はありますが、まずは含み損の対処法を覚えるのが一番良いでしょう。

損失に対するコントロールを覚えれば、利益を出すことは案外簡単なのです。

 

 

こちらで含み損を抱えた場合の対処法について解説しています。

株の含み損に対する対処法3つ!有効な場面も解説します!

 

まとめ

今回のまとめを見ていきましょう。

  • 投資における「リスク」は「不確実性」のことである!
  • リスクコントロールとは「損失と利益をどのように管理するか」である!
  • 損失を小さく、利益を大きくするのが利益を上げる方法!

上記でも言いましたが、一流の投資家になるコツは

「利益をたくさん上げる」のではなく

「損失をできるだけ小さくする」ことです。

損失を小さくし、利益を大きくすれば、多少勝率が悪くとも結果的に利益になります。

 

 

一攫千金を目指すより、失うものをどれだけ少なくするか。

ここに重点を置いて投資するように心がけましょう。

 

 

ブログランキングに登録しております。

記事が役に立ったり、面白いなと感じたら、クリックしていただけると幸いです。今後のブログ運営の励みになります。


スイングトレードランキング

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当ブログの応援よろしくお願いします!
リアンが最もお勧めする情報商材!
プロフィール
1547883407.60774_274

名前:リアン

スイングトレード研究家として活動しています。

皆様が株を安心して始められるよう、株を始める前に知っておくべきことや仕組みをなるべくわかりやすくお届けします。

詳しいプロフィールはこちら→プロフィール

カテゴリー

ページの先頭へ