株の取引手法は?さまざまな手法を紹介!

目安時間:約 9分

こんにちは、リアンです。

 

今回は株取引の手法をお話ししていきたいと思います。

 

株取引と一言いっても、世の中には様々な株取引のやり方が存在します

本サイトはスイングトレードというトレード手法を推奨していますが、

人によって合う合わないは必ず存在します。

 

なので、スイングトレードだけでなく、

世の中にはこんなトレード方法もあるよ

ということをここでご紹介したいと思います。

 

デイトレード

デイトレードとは、一日に何回も取引して、利益を重ねていく手法です

スキャルピング(数十秒~数分で取引)も

このトレードに分類することができるでしょう。

 

メリット

何回も取引するので、資金効率が良く、

少ない資金で利益を増やせるのがポイントです。

 

また、その日のうちに株を決済し終えるので、

取引時間外に株価が下がっても何の被害も被ることがないというのも大きな強みです

 

デメリット

資金効率がいいので、負け続けるとあっという間に資金が手元から消えます

そして、証券会社やプランにもよりますが、手数料もかさみやすいです。

 

さらに、デイトレードで安定して儲けようとなると、

マルチモニターで取引する必要があります。

そのため、設備投資の額も無視できません

 

そして、取引時間の間はモニターの前でずっと張り付いていなければなりません

これは肉体的にも精神的にもつらい点です。

 

株価は刻一刻と変化するので、ちょっと判断が遅れると

数万円の誤差が出るなんて言う事例も珍しくありません。

そして、瞬間的なテクニカル分析、ロジックや論理だけではなく、

感覚やセンスも武器にしないといけません

これは一朝一夕で身につくものではなく、ある程度の経験が必要になります。

 

以上の点から、

モニターの前に張り付けるほど時間のある方(専業主婦など)には

おすすめできますが、サラリーマンの方にはおすすめできません。

 

スイングトレード

スイングトレードは、数日から数週間で決済する手法です

短期のトレンドに乗せて、大きな利益を狙いに行くのが基本のスタイルです。

 

本サイトがおすすめするのもこのトレード手法です。

 

メリット

まず、デイトレードのように、モニターの前に張り付く必要はなく、

刻一刻を争う状況になることはありません

 

取引時間外に分析し、買って損切りラインを設定するまでを

自分のペースでゆっくりできます

日中拘束されているサラリーマンにはおすすめの手法といえるでしょう。

 

さらに、手数料もデイトレードと比べ、それほどかさまないのもメリットです

初期の投資資金もそんなに必要ありません。

 

デメリット

最大のデメリットはやはり株の持越しによるリスクがあるということです

 

これはスイングトレードに限らず、取引時間外に株を持ち越すことはデメリットと認識しなければいけません。取引時間外のニュースによって株価が下がることも考えられるからです。企業の倒産、不祥事などのネガティブなニュース、さらには外国市場(ニューヨークやヨーロッパ市場)の影響を受けることもあります。

 

そのために、昨日まで含み益だったのに、

明日になったらなくなってるとかもザラにあります。

これに耐え、すぐに損切りできるようなメンタルも持つ必要があります。

 

ポジショントレード

ポジショントレードとは、数週間から数か月にわたって取引していくスタイルです

スイングトレードの長いバージョンと考えても差し支えないと思います。

やや長期の視点で利益を狙いに行く形となります。

 

ただ違うのが、こちらは複数の銘柄を持ち、

トレードしていくスタイルという点が挙げられます。

 

メリット

基本的にはスイングトレードの良いところを継承しています。

取引時間外にゆっくり戦略を立てられますし、手数料もそんなにかかりません

 

ポジショントレード独自のメリットとしては、複数の銘柄を保持しているので、

一つの企業がダメになっても、残りの企業が利益を上げていれば、

損失は被りにくいというメリットがあります

 

このようにリスクの管理がしっかりしているのが

このトレードの良い点です。

 

デメリット

やや長期を見据えた取引になってくるので、

ファンダメンタル分析や企業に対しての知識が必要になってきます。

 

スイングトレードまでなら、最低限のファンダメンタル分析さえあれば、

あとはテクニカル分析に集中してもいいですが、

これくらいの期間になるとそうはいかなくなってきます。

 

また、複数株保有するので、資金効率はあまりよくありません

そのうえ、ある程度の資金力が必要になってきます

 

そして、長期の視点で見てる以上、ちょっとした株価の乱高下に惑わされず、腰を据えたスタイルで臨まなくてはなりません

 

以上の点から、初心者におすすめにするには難しいトレード手法となります。

資金に余裕があり、スイングトレードに慣れたらこのスタイルでいくのが無難な選択といえるでしょう。

 

長期保有

これはトレードというよりは投資スタイルといえます。

数年単位で保有し、ひたすら目標の利益までじっと待つスタイルです

配当金や株主優待を狙うときもこのスタイルになるでしょう。

 

メリット

年単位先を見極めているため、

株価を気にする必要が全くと言っていいほどなくなります

 

手数料、税金にも悩まされることはあまりありません

 

また、忙しく時間ない人でもすることができます

 

そしてなんといっても複利の力がこのスタイルの最大のメリットです。

配当金等もすべて投資資金に回せますので、

他の手法と比べ、より大きく資産を形成できます。

 

デメリット

やはり一番に上がるのは、何といっても時間がかかります

さらに、少なくとも5年や10年先の企業の状態を予測して投資するため、

非常に高度なファンダメンタル分析が要求されます

 

そして頑張って予想しても、その予想が外れた場合、

それまでの資金と時間がすべて台無しになります

大きな損失か、大きな利益かの二極化となります。

 

また、それ相応の資金も必要となってくるところも

デメリットといえるでしょう。

(配当金や株主優待目的の投資は別とします)

 

まとめ

では本日のまとめです。

  • 株取引は様々なやり方が存在する!
  • 各手法はそれぞれ一長一短なので、何が自分に合うか考えよう!

というわけで今回は様々な取引方法を紹介してきましたが、

いかがだったでしょうか?

 

自分の資金・ライフスタイル等を考慮して、

自分のトレード手法を決めてください。

 

そして、「スイングトレードがやりたい!」

と思ったそこのあなた!

当サイトはそんなあなたのために作られたサイトです。

このサイトがあなたの株ライフの一助になれば幸いです。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しております。

記事があなたのお役に立ったなら、クリックしていただけると幸いです。今後のブログ運営の励みになります。


スイングトレードランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトが最もお勧めする情報商材!
管理人紹介
1547883407.60774_274

管理人:リアン

スイングトレード研究家として活動してます。

皆様が株を安心して始められるよう、株を始める前に知っておくべきことや仕組みをなるべくわかりやすくお届けします。

記事は月・木・土の21時に更新しております。

カテゴリー

ページの先頭へ