信用取引口座の審査はどうすれば通れるの?

目安時間:約 7分

こんにちは、管理人のリアンです。

 

 

今回は信用取引を行うにあたって避けられない、

証券会社の審査についてお話していこうと思います。

 

 

信用取引の審査がどんなものか知りたい人はぜひ読んでみてください。

また、審査に落ちてしまった人も読んでみてください。

 

まず基本知識のおさらいから

総合証券口座(取引を始めるにあたって初めて開設する口座)は

特に厳しい審査があるわけでもありませんが、

信用取引口座は証券会社ごとに、

ある一定の基準を満たした人しか取引できません。

 

 

もちろん、審査がある理由としては、信用取引には追証などの

自分の資金以上に損失を出す可能性のあるリスクのある取引のため、

証券会社が「この人は信用できるか」を見極めるためにあるものです。

 

 

そのくらい、信用取引は危険なのです。

以下から、信用取引口座の審査を受ける際に審査されるポイントについて

お話していこうと思います。

 

あなたは何歳ですか?

だいたいの場合、上限を80歳以下もしくは未満を上限にしている証券会社が多いです。

 

 

また、証券会社によっては、未成年は信用取引口座の開設を

受け入れていないところもあります。

自分の年齢が条件にマッチしているかどうか、確認しましょう。

 

資産は十分にありますか?

証券会社によっては明示されてないところもありますが、

だいたい100万~300万を目安にしている証券会社が多いそうです。

 

 

もし、100万以下の資産しか保有していない場合、

審査を通る可能性はかなり難しくなります。

 

投資経験はどのくらいありますか?

信用取引の審査は、投資経験の有無や期間を聞かれることがほとんどです。

 

 

だいたいのところは半年から1年は必要になるようです。

1年以上取引に携わってきた方なら、問題はないでしょう。

 

 

逆に、少なくとも半年間の経験がない人は信用取引はできません。

そういった方は、まず現物取引から始めて、経験を積んでいくことが重要となります。

 

ちゃんと連絡先はつながりますか?

連絡先がちゃんとつながるかどうかも、条件の一つです。

 

 

信用取引は追証などのリスクが発生する可能性があるため、

証券会社は投資家たちの連絡先を把握しておく必要があります。

 

 

なにせ、扱っているものがお金ですし、

ましてや追証などの緊急性の高い事態が起きた時に

連絡が付かないでは、証券会社も困ってしまいます。

 

 

必ず、四六時中(仕事などは仕方がありませんが)連絡が付く

電話番号、メールアドレス等を登録しておきましょう。

 

あなたの職業は何ですか?

登録金融基幹業務、および金融商品仲介業務の仕事についている人は

信用取引の口座を開くことはできません。注意しましょう。

 

信用取引に対する知識はありますか?

信用取引には保証金が必要、追証の存在、

追証を払わなかった際の対応に対する同意など、

信用取引に関する知識がないと、審査は通りません。

 

 

本サイトの記事を見ていただいてもいいですし、

証券会社のHPにも載っていますので、基礎知識はちゃんと頭に入れておきましょう。

 

 

もちろん、知ったふりして通ることもできますが、

そもそも、きちんと仕組みやリスクを把握しないでやれば、

審査が通っても、痛い目を見るのは自明の理です。

このポイントはさぼらないようにしましょう。

 

最後に:もし審査に通らなかったら

審査が通らなかったとしても、諦めることはありません。

 

 

信用取引口座の審査は何回でも受けられますし、

何回も受けたことで発生するペナルティはありません。

 

 

多くの人が落ちる理由としては、経験や資産の問題でしょう。

年齢や職業に関しては、簡単にどうこう言える問題ではありませんが、

経験や資産が問題ならば、いずれは時が解決してくれます。

 

 

まずは現物取引で、経験と利益を積んでいきましょう。

経験や資産がこの記事で上げた水準以上のものになったら、

また申請してみてください。

 

まとめ

では、今回のおさらいです。

  • 信用取引を行うには、証券会社の審査を受けなければならない!
  • 主に年齢、資産、経験、連絡先、職業、信用取引に対する知識を審査する!
  • まずは現物取引で経験を積むことが重要!

今回は信用取引口座の審査についてでしたが、いかがでしたでしょうか?

 

 

先ほども言った通り、落ちても諦めることはありません。

落ちてしまったら、現物取引で地道に利益をあげればいいですし、

ものすごく株価が上昇している銘柄が来てるからといって、焦ることもありません。

市場から撤退しない限りチャンスはまた来ます。

 

 

落ちても落ち込まずに、

信用取引できるための条件をクリアしていきましょう。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しております。

記事があなたのお役に立ったなら、クリックしていただけると幸いです。今後のブログ運営の励みになります。


スイングトレードランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトが最もお勧めする情報商材!
管理人紹介
1547883407.60774_274

管理人:リアン

スイングトレード研究家として活動してます。

皆様が株を安心して始められるよう、株を始める前に知っておくべきことや仕組みをなるべくわかりやすくお届けします。

記事は月・木・土の21時に更新しております。

カテゴリー

ページの先頭へ