証券会社とは?どこを選ぶべき?

目安時間:約 10分

こんにちは、リアンです。

 

今回は、株取引の仲介を担う証券会社について解説していこうと思います。

 

なぜ、証券会社が存在するのか?

そしていくつもある証券会社のうち、どれを選べばいいのか?

 

今回の記事でそれらの疑問を解決していきたいと思います。

 

そもそも証券会社とは?

証券会社というのは、上述したとおり、

企業と投資家との株の売買の仲介をしている会社です。

(厳密には他にも様々な業務がありますが、ここでは割愛します。)

 

私たちは証券会社を通じて株を買い、証券会社を通じて株を売ります。

スーパーマーケットや株を取り扱っている企業に直談判しに行っても株はもらえません(笑)

今この世の中に株式市場というものが存在するのは、この証券会社のおかげなのです。

 

では、なぜ証券会社というものが存在するのでしょうか?

それは、こちらの記事の3つ目の項目でも触れていますが、手軽にかつ公正な取引を行うためです。

そもそも株とは?

 

こういった株取引を一人一人、個人でやろうとすると、とんでもない時間や手間がかかります。

また、比較対象がないため、適切な価格での取引ができなくなる危険性があります。

 

(仮に、「特別価格でお売りします!」と言われても、

それが果たして定価より安いのかと判断する材料がないため、

高い値段で買わされるかもしれません。)

 

どの証券会社がいいの?

ここまで、証券会社の存在意義について説明してきました。

これで、証券会社がネット証券にとってどれほど大切かお分かりいただけたかと思います。

 

では、二つ目の疑問である

「どこを選べばいいのか?」についてお話しします。

 

といっても、人によって証券会社を選ぶ基準は違いますし、

自分の好みや目的によっても選ぶ証券会社は違ってくるというのが実際のところです。

 

とはいえ、それでは解決になりませんので、

ここでは代表的な基準を提示して、皆さまの証券会社を選ぶ際の助けになればと思います。

ここで扱う基準は以下の二つです。

 

  • 機能で選ぶ
  • 手数料で選ぶ

 

他にもいろんな基準がありますが、

初めて株式投資を行う方はこの二つの基準は必ず入れて証券会社を選ぶことを強くオススメします。

 

1-a.機能で選ぶ(注文機能)

ここでいう機能というのは、注文機能や分析ツールを指します。

 

まず、注文機能ですが「逆指値注文」という機能が使える証券会社を選ぶことが大前提です。

これは一言でいえば「売買の注文を自分がつけた条件で自動的にやってくれる」機能です。

 

利益の確定や損失限定(ロスカット)も自動的にやってくれるので、便利というだけでなく、

あなたの利益や資金を守ってくれる大変重要な機能です。

 

証券会社を選ぶ際は、「逆指値注文」が使えるということを確認したうえで、選ぶようにしましょう。

 

1-b. 機能で選ぶ(分析ツール)

次は分析ツールについてです。

 

証券会社は様々な分析ツールと情報を私たちに提供しており、

しかも無料または安い値段で手に入れることができます。

 

以前はこういったツールがあまり発達してなかったため、

プロと個人投資家とは「情報量」という点で歴然とした格差がありました。

ですが、今は格段に進化しており、プロにも負けないレベルの情報が個人投資家でも容易に入手できるようになりました。

 

「証券会社は株取引するために利用する」という認識だけでは正直かなりもったいないです。

せっかく無料または安価で入手できるのですから、これらを使わない手はありません。

 

そしてこの分析ツールですが、証券会社によって提供されているサービスは違います。

「株価をリアルタイムで表示してくれる」

「国内株だけでなく外国の株も買える」

「会社四季報が無料で読める」

などなど・・・証券会社によって多種多様なサービスがあります。

 

これに関しては「どれがいい」というよりも「どれが自分に合っているか」で選びましょう。

 

2.手数料で選ぶ

株式投資において切っても切れないコストがあります。それが手数料です。

株の取引が成立したとき(約定といいます)に売買する金額に応じて、手数料が発生します。

 

ここではSBI証券の「国内株式現物取引 スタンダードプラン」を例に説明します。(2019年2月現在)

スタンダードプラン(現物)
このグラフを見ればわかるように、
5万円までの株取引が成立した場合、1注文につき54円の手数料がかかります。
約定した金額が上がれば上がるほど、手数料も大きくなる仕組みです。
では、手数料が低ければ低いほどいいんじゃないの?と思われるかもしれません。
しかし、これはこれで新たな問題が生じえます。
あまり手数料の安さにこだわってしまうと、ツールが使いづらかったり、
情報の質がイマイチよくなかったりします。
先ほど挙げた「注文機能」や「分析ツール」も考慮に入れたうえで、証券会社を選ぶようにしましょう。

で、結局どこがおすすめ?

さて、ここまで証券会社の選び方についてお話してきましたが、

こういった投資の世界は初めてで、

証券会社の名前すらわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

初めてだから上記の基準で見ても良し悪しが分からない方もいらっしゃるでしょう。

 

私も最初はよくわからず、右往左往してました。

 

ですが、上述したとおり、手数料やツールの相性などの問題がある以上、

こちらから一方的に「これが一番!」とあなた方に押し付けるようなことはしたくありませんし、

あなたにとってもナンセンスです。

 

なので、あなた方が選択し決定する余地を残すために、

ここでは「信頼度・人気度」という尺度を使いたいと思います。

 

皆さまは「五大ネット証券」というものをご存知でしょうか?

 

具体的には「マネックス証券」「SBI証券」「楽天証券」「カブドットコム証券」「松井証券」のことを指します。

 

この五社は今のネット証券業界を牽引する大きな存在であり、

投資家からの評判も良い証券会社です。

これから株式投資を始める方たちは、この五社の中からチェックするのが良いでしょう。

 

これらの証券会社はすべて「逆指値注文」機能もついているので安心です。

ただし、手数料はちゃんと確認するようにしましょう

 

まとめ

今回は証券会社についてお話ししました。

これで「証券会社って何?」という質問や、証券会社選びに困り果てることはないかと思います。

下に今日のおさらいをまとめておきましょう。

  • 証券会社は株取引の仲介をしており、株式投資を円滑かつ公正な取引の実現に貢献している!
  • 証券会社を選ぶ際には「機能(注文機能と分析ツール)」と「手数料」で選ぶ!
  • まずは「五大ネット証券」からチェックしてみよう!

 

最後に、今回挙げた「五大ネット証券」の公式HPのURLを貼っておくので、

気になる証券会社から是非アクセスしてみてください。

マネックス証券:http://qq2q.biz/Ql9d

SBI証券:http://qq2q.biz/Ql9L

楽天証券:http://qq2q.biz/Ql9A

カブドットコム証券:http://qq2q.biz/Qla2

松井証券:http://qq2q.biz/Qla7

 

この記事があなたの証券会社選びの一助になれば幸いです。

 

 

ブログランキングに登録しております。

記事があなたのお役に立ったなら、クリックしていただけると幸いです。今後のブログ運営の励みになります。


スイングトレードランキング

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. […] 証券会社の選び方はこちら→証券会社とは?どこを選ぶべき […]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトが最もお勧めする情報商材!
管理人紹介
1547883407.60774_274

管理人:リアン

スイングトレード研究家として活動してます。

皆様が株を安心して始められるよう、株を始める前に知っておくべきことや仕組みをなるべくわかりやすくお届けします。

記事は月・木・土の21時に更新しております。

カテゴリー

ページの先頭へ