株の売買ルールの作り方を解説!安定な利益への一歩だ!

目安時間:約 7分

こんにちは、管理人のリアンです。

 

 

今回は売買ルールを作り、守ることがなぜ大切かをこの記事で書いていこうと思います。

 

 

株をそれなりの期間やってきた人からしたら「何をいまさら」となるかもしれませんが、そういった方も初心を思い出す形でこの記事を読んでいただければと思います。

 

 

もちろん、まだ株をしたことのない方には是非、この売買ルールを守ることの大切さを知っていただければと思います。

 

 

これができるかどうかで、今後株で利益を出せるかどうかかが変わってきます。是非覚えておきましょう。

売買ルールはなぜ大切か?

スイングトレードで儲けようとなった時、大切なことはいろいろありますが、

やはり一番大事なのがこの売買ルールを設け、それに従うことです。

逆に言えば、このルールから外れたところで取引してはいけません。

 

 

スイングトレードで儲けている投資家たちで売買ルールを持たない人はいないです。

皆、それぞれの基準で取引しています。

 

 

ではなぜルールを作り、守らないといけないのでしょうか?

それは利益を安定して得るため、そして損失を避けるためです。

 

 

世の中にはアナリストたちが「これはおすすめ!」と

銘柄を勧めてくる番組やサイトなどがありますが、

だからといって、鵜呑みにしてぱっと飛びついて買ってしまうと、

思わぬ損失を被る可能性があります。

 

 

アナリストたちの言ってることは無視したほうが良いです。

彼らは実際に取引してるわけではないので、相場も分っていません。

 

 

「周りが買っているから」

「投資顧問がいいって言ったから」

「この銘柄がおすすめされてたから」

 

 

こんな理由で買ってしまい、下落してしまえば、

最終的にあなたの資金にダメージが入ってしまいます

周りに流されて自分の資金がなくなることほど

悔やむに悔やみきれないものはないでしょう。

 

 

また、感情で買ってしまうのも危険です。

冷静さを欠いて分析を怠ってしまえば、損して当たり前です。

こういった取引も最終的にあなたの資金に影響を与えるのです。

 

 

そんな事態に陥らないためにも、

自分の中で売買ルールを設定しておくことはとても重要なのです。

 

 

では、改めて売買ルールの大切さを理解したところで、

次の項から売買ルールの作り方を説明します。

すでに作っている人も振り返るつもりで見ていただければ幸いです。

 

ステップ1:作る

さて、売買ルールとは言いますが、

そもそも、何をルール化すればいいのでしょうか?

 

 

それは

 

  • どの銘柄を
  • どこで買って
  • どこで売るか

 

以上3つを決める必要があります。

 

 

例として、銘柄であれば

「東証1部の銘柄」

「出来高が100万以上の銘柄」

「PERが15倍以下の銘柄」などと決めていくといいでしょう。

 

 

また、売買であれば、

「5日移動平均線が25日移動平均線を上に抜けたら買い」

「75日移動平均線下に株価が来たら売り」などと

決めると良いでしょう。

もちろん、条件が複数あっても構いません。

 

 

投資家たちは様々な基準を持っており、絶対的な正解はありません。

上記であげたものは世間一般でいわれているようなものを

適当にピックアップして書いてみましたが、

しっかりと本やサイトなどを見て、自分の売買ルールを確立してほしいと思います。

 

ステップ2:守る

では、作れましたらステップ2へと進みましょう。

と言っても、考えることは何もありません。

後はこれをひたすら守るのみです。

 

 

たとえ何があっても、これを捻じ曲げて取引してはいけません。

売買ルールから外れた取引はすべて損失になると考えておきましょう。

 

 

…と書いてしまえばそれまでなんですが、

この「ひたすら守る」というのがものすごく難しいです。

ルールを守れなくて、取引した結果惨敗することもあります。

 

 

私も初期のころはやり方がブレまくりで、

そのせいで損失が6,7連続で出たことがあります(笑)

こんな感じで暗黒時代を経験しました。

 

 

なので、文章にしてしまうとなんだかあっけない感じというか、

なんだか軽い感じになってしまうのですが、

この「ルールを守る」ことは、今後の利益に左右するので、

絶対に忘れないようにしておいてください。

 

まとめ

では、今回のまとめです。

  • 売買ルールを設け、安定した利益を得よう!
  • ルールを守らないと、確実に損をする!
  • どの銘柄をどこで買って、どこで売るのかを考えよう!

というわけで、今回は売買ルールの大切さをお伝えしてきましたが、

いかがだったでしょうか?

今回の記事で、株は勘などでは買ってはいけないということが

よくお分かりになったかと思います。

 

 

売買ルールを守らない取引は、ギャンブルしているのと何ら変わりありません。

このことを肝に銘じましょう。

 

 

ブログランキングに登録しております。

記事が役に立ったり、面白いなと感じたら、クリックしていただけると幸いです。今後のブログ運営の励みになります。


スイングトレードランキング

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当ブログの応援よろしくお願いします!
リアンが最もお勧めする情報商材!
プロフィール
1547883407.60774_274

名前:リアン

スイングトレード研究家として活動しています。

皆様が株を安心して始められるよう、株を始める前に知っておくべきことや仕組みをなるべくわかりやすくお届けします。

詳しいプロフィールはこちら→プロフィール

カテゴリー

ページの先頭へ