超大切!過去チャートを使って練習するメリットは?

目安時間:約 10分

こんにちは、管理人のリアンです。

 

 

今回は株の練習方法として有名な

過去チャートを使ったトレーニング法をご紹介します。

 

 

この方法を学ぶことで、あなたの銘柄選び、およびテクニカル分析の技術を

劇的に向上させることができます。

 

 

ぜひ、この記事でやり方を学んでください。

 

過去チャートで練習するメリットは?

ではまず、過去チャートで練習を行うことに

どんなメリットがあるのでしょうか?

順番に解説していきます。

 

メリット1. 資金0でもできる!

やはり一番最初にあがるのが、資金がなくてもできるということです。

これは過去チャート練習の最大のメリットと言ってもいいでしょう。

 

 

株をやるのにはある程度の資金が必要なので、

中にはすぐに資金を用意できない方もいらっしゃると思います。

そんな方に、この過去チャートを使った練習は最適といえるでしょう。

取引の方法さえ知っていれば、すぐに実践できます。

 

 

また、株をやっている方にとっても、

資金を全く使うことなく取引の練習ができることは

嬉しいメリットと言えます。

 

メリット2. 市場が開くのを待つ必要はない!

資金がいらないのと同じくらいのメリットとして、

いちいち市場が開くのを待つ必要がないという点です。

 

 

通常、株取引は9時から15時までしか開いてないので、

その間しか取引はできません。

しかし、過去チャートを使った練習ならば、

24時間、好きな時に好きな期間分、練習することができます。

 

 

たった一日で2~3か月間分の取引の練習ができると考えれば、

練習の効果がどれほど絶大なものかは容易に想像できるでしょう。

毎日やれば、株を始めてわずか数か月の方でも、

数十年分の経験を積むことも可能となります

 

メリット3. 銘柄ごとの株価の動きのクセが分かる!

これは長いことやってるとそのうち分かってくるのですが、

株の世界では、銘柄は銘柄ごとに個別のクセがあります。

 

 

たとえば、値動きの幅、テクニカル指標が示すチャンスの形、

ローソク足の動きなど、「この時はこんな動き方をするだろうな」というのが

なんとなくつかめてきます。

 

 

そして、企業の不祥事や倒産などの、株価に急激に影響を与える場合を除き、

ほぼ未来の株価も過去のデータ通りに動くことが多いです。

 

 

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」と言います。

銘柄ごとのクセを知り、そこを狙えば、

百戦百勝とはいわずとも、大きな損をすることはなくなります。

 

過去チャートを使った練習の仕方

では、過去チャートを使った練習方法を解説していきます。

ここでは、松井証券の「ネットストック・ハイスピード」という

チャートソフトを例に説明します。

過去チャートをスクロールして見れるものならどんなものでも構いません。

 

 

では、自分の練習したい銘柄を出し、

自分が使うテクニカル指標を出しましょう。

 

 

今回、私はソニー(6758)を75日移動平均線を基準に買いに行く練習をしました。

買い方はこちらの方法をとっています。

移動平均線とローソク足で買いのサインを見つけろ!

 

 

簡単に言いますと、75日線を上に越えたところで買い、

75日線を下に抜けたところで売りとする手法です。

本来は買いでも逆指値を使うのですが、ややこしいのでここでは省略します。

 

 

では、図も交えて解説していきます。

 

 

始める場所を一番右に寄せ、先のチャートをみえないようにします。

では右へスクロールしていきます。

 

 

 

75日移動平均線の上に陽線で終値が来ています。

これは買っていけそうですので、100株買ったと仮定しておきます。

では進めていきます。

 

 

 

結果、大きく上昇し、75日線に安値がタッチしたので、

損切り(をしてた設定と仮定して)、無事売りに出せました。

大体40円くらい上がっているので、

先ほど買った100株は4000円くらいの儲けになりましたね。

 

 

もちろん、ここに別の指標を用いて、

より利益が出るように練習してもいいでしょう。

MACDなどは結構使いやすく、おすすめです。

利益を最大化させたい人へ!MACDを使いこなせ!

 

 

と、ここまで見てきた通り、こんな感じに練習できます。

自分のやってみたい取引方法を見つけ、是非過去チャートで

練習してみてくださいね。

 

練習せずして本番は愚の骨頂である

株の世界では、資金がたまり次第、いきなり市場に参入し、

株取引をする方が圧倒的だと思います。

 

 

しかし、これは冷静に考えてみると、

かなり愚かな行動と言えるのではないでしょうか?

 

 

よく考えてみてください。

たとえば、あなたが小学生の時、運動会などで、

踊りを踊ったり、組体操をしたことはありますか?

 

 

ある方は今一度、この質問に答えてください。

運動会で披露した踊りや組体操は、ぶっつけ本番で出来たものでしたか?

 

 

おそらく、ほぼ100%の方が「NO」と答えるでしょう。

 

 

そう、踊りや組体操が本番でキレイに成功できるのは、

その日までに練習を何度も何度もやって、失敗を繰り返し、

それでも取り組み続けた結果、できたもののはずです。

だから本番で、周りの人を感動させるようなものができるのです。

 

 

これを練習なしでやるとどうでしょうか?

振付が分からず、焦ってごまかすような踊りになってしまったり、

組体操をぶっつけ本番でやれば、失敗どころか、

高いところから落ちて、怪我をすることになるかもしれません。

感動どころか、事件になりかねません。

 

 

株は自分のお金をかけてやるものです。

なのに、みんな練習もせずにいきなり本番にをやってしまうのです。

それは自分のお金を減らしに行ってるようなものです。

それではギャンブルと大差はありません。

 

 

こうやって考えてみると、

練習せずして株の世界に飛び込むなんて、馬鹿げているとは思いませんか?

 

 

なので、今、株をやってる人もそうでない人も、

過去チャートを使った練習をしてみてください。

 

 

今より更に技術に磨きがかかり、勝率が上がったり、

利益がよりグンと増えるようになるはずです。

 

まとめ

では、今回のまとめです。

  • 過去チャートを使えば、時間と資金を気にせず練習できる!
  • 過去チャートを使って銘柄の動きのクセを覚えよう!
  • 資金をかけて本番をやる前に、しっかり練習しておこう!

というわけで、過去チャートを使った練習方法を紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

 

 

練習は大事ということがこの記事でよくお分かりになったと思います。

空いた時間でいいので、ちょっとでも練習しておきましょう!

 

 

では、私も今からやってきます。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しております。

記事があなたのお役に立ったなら、クリックしていただけると幸いです。今後のブログ運営の励みになります。


スイングトレードランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトが最もお勧めする情報商材!
管理人紹介
1547883407.60774_274

管理人:リアン

スイングトレード研究家として活動してます。

皆様が株を安心して始められるよう、株を始める前に知っておくべきことや仕組みをなるべくわかりやすくお届けします。

記事は月・木・土の21時に更新しております。

カテゴリー

ページの先頭へ