株ってどのように勉強すればいいの?

目安時間:約 8分

こんにちは、管理人のリアンです。

今回はお悩み相談のコーナーです。

 

 

ネットサーフィンしてると、

よくこんな質問がヤフー知恵袋などで散見されます。

 

 

「株を始めたいのですが、何から勉強すればいいですか?」

「みなさんは具体的にどうやって勉強しましたか?」

 

 

このように、勉強の仕方がわからない、という方が

一定数いらっしゃいました。

 

 

そこで、今回は株は一体どうやって勉強するのかについて

現役株トレーダーの私からの経験も合わせて、

この記事で綴っていきたいと思います。

 

一般書籍を読む

まず、やはりおすすめなのが、本屋さんやオンラインショップに売ってる

一般書籍を読むことですね。

 

 

おすすめとしては、「入門」や「初心者」などと書いてある、

いわゆる基本書のようなものがいいでしょう。

私もここから始めました。

 

 

そこまで専門的なことが書いてあるわけではありませんが、

本は知識が体系化されており、まとまった知識を効率よく吸収できます

そのため、勉強の初歩としては、これ程分かりやすい物はないでしょう。

 

 

あと、お金が許すのであればですが、

こういった基本書を最低でも3冊は読むことをお勧めします。

 

 

より多くの書籍を読むことで、より多くの知識が手に入るだけでなく、

共通して書かれていることが発見でき、

それは役立つ知識なんだな、と認識できます

 

 

株について何もわからない、という人は

ここから始めるのが一番いいです。

 

ネットの記事を参考にする

ネットの記事を参考にするのもおすすめです。

 

 

ネットの長所は、やはり自分が知りたいことを

ピンポイントで検索できるところでしょう。

 

 

本を読んだり、実際に株をやっていくうえで、

分からないところが必ず出てくるでしょう。

そんなときは、わからないことを検索するのがおすすめと言えます。

 

 

しかし、ピンポイントで手に入るとは、逆に言えば、

本のような体系化された知識を入手できないことが

欠点としてあげられます。

 

 

なので、本当に何も株のことが分からない人は

本を読むことから始めましょう。

断片的な知識で株をやるのは、

ハッキリ言って「無謀」の一言です。

 

 

あと、参考にするサイトも、できれば複数見ることをお勧めします。

当サイトも初心者のためにできるだけわかりやすく説明してますが、

本と同じで、他サイトも参考になさった方が理解は深まると思います。

 

 

あと、ここはスイングトレード専門なので、

若干知識の偏りがあると思いますので…(笑)

そういった意味でも、他サイトも見た方がいいです。

 

情報商材を購入する

最も専門性の高いコンテンツを手に入れるなら、

情報商材の購入が一番効率がいいでしょう

 

 

本は基礎的な知識は書いてありますが、

なかなか踏み込んだ知識まで載っているものは少ないです。

その点、情報商材はその踏み込んだ部分も網羅しており、

最も情報が充実している媒体と言えます。

 

 

しかし、非常に高額なうえ、

一部の業者は詐欺まがいの内容で

適当に何十万という値段で売りつけていたりします。

 

 

なので、何が優良な情報商材かは、しっかりと選ぶ必要があります。

しかし、中身を見るまではわからないので、

結局のところ、開けてみないと分かりません

 

 

こういった背景から、敬遠されやすい情報商材ですが、

きちんと作られているものは、本当に分かりやすく、

本と同じくらい知識の体系化もできていますので、

購入を検討してみてもいいのではないかと思います。

 

 

もし、情報商材に興味がありましたら、

私が書いた、情報商材のレビューも見てみてください。

中身は実際に私が購入して確認しているので、内容や安全性は保証します。

(→「株は技術だ、一生モノ!」の感想と評価

 

 

(本当に高額ですので、購入するなら株と同じく、

余裕資金で購入してくださいね!)

 

実践が一番大事

ここまで、勉強の仕方を教えてきましたが、

結局のところ、株は実践が7~8割大事です

どんなに利益を出せる知識を知っていたとしても、

結局のところ、使えなければ意味がないのです。

 

 

野球でいうなら、バットの振り方を知っても、

素振りという練習を実践しなければ意味がないのと一緒です。

 

 

なので、株の本を読んだままにせず、

証券口座を開いて実践してみてください。

実践を通してでしか、得られないものはたくさんあります

 

 

「知っていること」を「できるようにする」

これを達成する手段は、練習の他にはないのです。

 

まとめ

では、まとめと参りましょう。

以下、フローチャート的に勉強の仕方を書いてみました。

(情報商材はなくてもいいです)

  • まずは本で基本を勉強しよう!
  • ネットで分からないことを検索しよう!
  • 実践に勝る勉強はなし!
  • 高みを目指すなら、情報商材の購入も検討してみよう!

今回は勉強の手順を書いてみましたが、いかがだったでしょうか?

 

 

これで、勉強はできると思います。

実際、私はこの方法で勉強して、

スイングトレーダーとして平日毎日市場をのぞいています。

 

 

何回も口酸っぱく言いますが、一番大切なのは実践です。

たまにやってみようか迷うと悩んで止まってしまう人がいますが、

それよりはさっさと行動して、経験を積んでみるのが一番です。

 

 

やってみて自分に株は合わないことが分かれば、

株をやめて、違う金融商品等を探せますし、

あっているのであれば、継続すればよいのです。

 

 

やってみないことにはわかりません。

アバウトでいいので、軽いフットワークでやってみましょう。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しております。

記事があなたのお役に立ったなら、クリックしていただけると幸いです。今後のブログ運営の励みになります。


スイングトレードランキング

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトが最もお勧めする情報商材!
管理人紹介
1547883407.60774_274

管理人:リアン

スイングトレード研究家として活動してます。

皆様が株を安心して始められるよう、株を始める前に知っておくべきことや仕組みをなるべくわかりやすくお届けします。

記事は月・木・土の21時に更新しております。

カテゴリー

ページの先頭へ