Warning: Use of undefined constant WPLANG - assumed 'WPLANG' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/gi327fh3/riamtoushi.biz/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 270
株のトレンドラインとは?引き方も解説します! | スイングトレード入門|初心者でもできる株式投資

株のトレンドラインとは?引き方も解説します!

目安時間:約 9分

こんにちは、管理人のリアンです。

 

 

今回はトレンドラインについて解説していきたいと思います。

 

 

トレンドラインは株の相場を読むうえで重要となる線であり、

また、売買の判断にも使えたり、損切りラインの目安にできたりと…

とにかくできることがかなり増えます。

 

 

これを知ることによって、相場の流れを読めるようになり、

今まで見えなかった売買ポイントが多く見つかるようになるでしょう。

 

 

テクニカルについて勉強中、もしくはより精度を高めたいという方には、

是非、この記事を参考にしてほしいと思います。

 

トレンドラインって何?

ではまず、トレンドラインとは何でしょうか?

 

 

一見すると、何かテクニカル指標の一種なのか、という感じがしますが、

これはテクニカル指標ではなく、チャート上に自分で引く線の一つです。

 

 

証券会社が条件付きで無料で提供しているチャートソフトには、

自分で線を引ける機能があります。

なので、この機能を使って、このトレンドラインを引くことになります。

 

 

これはとあるチャートにトレンドラインを引いてみたものです。

 

 

 

 

この図に引いてある、赤い線がトレンドラインです。

 

 

では、このトレンドラインを引くことで何が分かるようになるかというと、

このトレンドラインの向きによって、

株価の動向が大まかに把握できるようになります。

 

 

もし、このトレンドラインが上方向に向かっていれば上昇トレンド、

逆に下方向に向かっているならば下落のトレンドということが分かります。

横に直線なら、そのチャートは保ち合いの局面ということが分かるでしょう。

 

トレンドラインの突破は売買のチャンス!

さて、このトレンドラインは、冒頭でもお話したとおり、

売買の判断に使うこともできます。

 

 

では、どこを売買ポイントとするのか?

それは「トレンドラインを株価が突破した時」です。

 

 

なぜかというと、トレンドラインを株価が突破すると、

そこを起点として、株価はトレンドに沿って大きく動く可能性が

非常に高いからです。

もう一度、先ほどのチャートをご覧ください。

 

 

 

このように、トレンドラインを引いてみるとわかるのですが、

この銘柄は、〇印で囲ったところで株価がトレンドラインを突破し、

その後上昇に転じていることが分かります。

 

 

ちなみに下のラインを突破した場合は、そのあと、下落していく傾向があるので

利益確定、もしくは空売りのチャンスとなります。

 

 

なので、

 

  • トレンドラインを上に突破!→買いのチャンス!
  • トレンドラインを下に突破!→利益確定、空売りのチャンス!

 

という考え方ができます。

 

 

もちろん、完全100%ではありませんが、

このように、トレンドラインを味方につけることで、

よりはっきりと、トレンドの転換を読み、

早いうちから上昇の波に乗っていけることでしょう。

 

トレンドラインの引き方

では、トレンドラインの引き方を紹介します。

 

 

と言っても、難しいことはありません。

作業自体はものの数秒で終わります。

いくつかのポイントを抑えれば大丈夫です。

 

 

ここでは松井証券のチャートソフト

「ネットストック・ハイスピード」を例にとって説明します。

 

 

1.まず、チャートソフトを開き、

自分がトレンドラインを引きたい期間を探してください。

 

 

2.ではまず、上のラインから引いてみます。

その期間中の高値と、もう一つの高値を点と見てください。

高値はローソクの上ひげのところです。

 

 

 

3.結んで直線を引いてください。

このとき、多少のずれがあっても構いません。

おおまかでいいので、何も考えず線を引いてみてください。

 

 

これで、トレンドラインが1本完成しました。

このように、ものすごく簡単にできます。

同じように下もやってみましょう。

 

 

4.下のトレンドラインを引く場合は、安値と安値をつなげるようにします。

この時も、安値同士をつなげるので、下ひげの先端同士をくっつけるようにします。

 

 

 

これで完成です。

トレンドラインから察するに、この銘柄は保ち合い状態でしょう。

様子見の段階だ、ということが言えます。

 

上手くトレンドラインが引けない時は?

しかし、時には株価が急な上げ下げをしたりして、

トレンドラインが引けない時があります。

特に上昇トレンド時は高値が、下落時は安値が引きづらいと思います。

 

 

そういう時は、上か下、どちらか一本だけでも構いません

そして、その傾きで傾向を把握するといいでしょう。

もちろん、そのラインを株価が突破すれば、売買も考えて大丈夫です。

 

 

ほかにも、複数の線を引けてしまう場合もあるでしょう。

そういう場合は、一度その線を引いてしまい、

トレンドラインを「線」というよりは「帯」という感じでとらえるといいと思います。

 

上の図は2本のトレンドラインが引いてあります。

それぞれ、丸で囲った安値をめがけて線を引いています。

 

 

この場合は、赤の斜線の部分がトレンドラインとなります。

最後の方で、株価が下落してトレンドラインにタッチしているので、

ここは売りの戦略を考えた方が良い、ということが分かるでしょう。

 

まとめ

では、今回のまとめです。

  • トレンドラインとは、トレンドや売買ポイントを見つける重要な線である!
  • トレンドラインを突破すると、売買のチャンスが生まれる!
  • トレンドラインの引き方は簡単なので、今すぐ実践してみよう!

というわけで、トレンドラインについての記事でした。

いかがでしたでしょうか?

 

 

このトレンドラインを使いこなすことによって、

今まで見えなかった売買ポイントが見えたり、株価の動向がつかみやすくなり、

チャートにおける自分の視野が広がる感じを味わえます。

 

 

是非使いこなし、チャンスを確実に自分のものにしてください。

 

 

 

 

ブログランキングに登録しております。

記事があなたのお役に立ったなら、クリックしていただけると幸いです。今後のブログ運営の励みになります。


スイングトレードランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
当サイトが最もお勧めする情報商材!
管理人紹介
1547883407.60774_274

管理人:リアン

スイングトレード研究家として活動してます。

皆様が株を安心して始められるよう、株を始める前に知っておくべきことや仕組みをなるべくわかりやすくお届けします。

記事は月・木の21時に更新しております。

2019/12/07をもって、人気ブログランキング、株式スイングトレード部門で1位を獲得しました!ありがとうございます!

カテゴリー

ページの先頭へ